Amazonお得なタイムセール毎日開催中!詳しくはこちら

【2018年発売】動く絵本プロジェクタードリームスイッチ(日本と世界のお話版)製品情報まとめ

本記事には一部プロモーションが含まれています。
ドリームスイッチ日本と世界のお話 アイキャッチ
  • URLをコピーしました!

こんにちは、りゅうさん( @otakasanchiblog)です。

本記事では2018年モデルの動く絵本 プロジェクター ドリームスイッチ ( Dream Switch )(以下、日本と世界のお話版)について解説しています。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の購入を検討しているママ、パパにわかりやすいよう、1つずつ詳しく解説していくのでぜひ最後まで読んでいってください。

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)以外の5機種の解説もしています。

>>今すぐドリームスイッチ全6機種の違いと選び方を見てみる。

ドリームスイッチ全6機種の違いと選び方
タップで飛べる目次

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の基本情報と特徴

https://www.youtube.com/watch?v=mvLxF86vlaY&t=1s
【読み聞かせ】日本と世界の楽しいおはなしがたくさん詰まった動く絵本!|動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)はセガトイズから発売された子どもの寝かしつけ用の絵本プロジェクター。

シリーズ全6機種の中で2018年に発売されたモデルです。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の基本情報

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の基本情報は次のとおり。

商品名dreamswitchー日本と世界のお話
ドリームスイッチ
(日本と世界のお話版)
メーカー希望価格
(税込み)
¥16,280
発売日2018年11月15日
メーカー推奨年齢3歳以上
サイズ大きさ:12 x 16 x 18 cm
重さ:401
対応言語日本語/英語
本体電源本体:コンセント式
リモコン電池単4乾電池×2個
(電池別売り)
内容品本体
リモコン
台座
SDカード
専用ACアダプタ
取扱説明書
保証書(保証期間6ヵ月)
絵本データSDカード
公式サイト公式サイトへ行く
ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)基本情報

>>今すぐ最安値を見てみる。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の特徴

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の特徴は次の3つ。

※リンクをタップで読みたいところまでジャンプします。

1つずつ解説していきます。

ママ、パパの代わりに絵本の読み聞かせをしてくれる

動く絵本プロジェクタードリームスイッチ 天井に動く絵本を投影
画像引用:動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ|セガトイズ

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)にはその名のとおり、日本の昔話と世界の童話が30冊収録(英語絵本合わせて60冊)。

そして、収録されている全ての絵本をママ、パパの代わりにナレーターが読み聞かせをしてくれます(字幕モードでママ、パパが読み聞かせすることも可能)

親子で仰向けになりながらリラックスした状態で絵本を見ることができ、スキンシップをとりながら絵本を一緒に楽しむことができます。

また、今まで絵本を何冊も読んでいると腕が疲れてくるといったことがあったと思いますが、ハンズフリーなので腕が疲れることなく毎日、子どもに絵本の読み聞かせをしてあげられます。

>>今すぐ収録作品をチェックする。

92種類の豊富なコンテンツが収録

動く絵本プロジェクタードリームスイッチ 童謡収録曲一部
画像引用:動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ|セガトイズ

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)には60冊の日本の昔話と世界の童話に加えて32種類の”ことば・おたのしみ・星座のお話”コンテンツが収録しています。

絵本以外にも童謡や星座のお話も楽しむことができます。

▼ことば・おたのしみコンテンツについては下記の記事でも解説しています。

>>ことば・おたのしみコテンツを詳しく見てみる。

ことば・おたのしみコンテンツを動画でチェック

”ことば”コンテンツでおべんきょうもできる

動く絵本プロジェクタードリームスイッチ ことばコンテンツ
画像引用:動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ|セガトイズ

また、絵本の読み聞かせだけではなく親子で一緒に学べるコンテンツも収録しているので知育にもなります。

例えば…。

  • あいうえおパレード
  • いちにちのせいかつ
  • すうじ
  • いろのなまえ
  • どうぶつのなまえ
  • ABCソング

など日常生活で使う言葉の学習をすることができます。

また”ことば”コンテンツは日本語と英語両方に対応しているので単語の英語学習もすることができます。

寝かしつけだけでなく寝る前の少しの時間でおべんきょうもできるので見ているだけで子どもがどんどん賢くなっていきます。

りゅうさん

絵本の読み聞かせだけじゃなくて見ながら知育になるのが良いね!

絵本を英語で読み聞かせすることもできる

動く絵本プロジェクタードリームスイッチ 英語コンテンツ
画像引用:動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ|セガトイズ

収録されている絵本は日本語だけでなく英語で読み聞かせすることができます。

もちろん、字幕も英語に対応しているのでネイティブな英語を聴きながらしっかりと内容を確認することもできます。

りゅうさん

絵本を楽しみながらだから自然に英語とふれあうことができるよ。

ドリームスイッチの英語コンテンツについて詳しく解説しています

では次に実際にどんな絵本やコンテンツが収録されているのかを紹介していきますね。

収録されている絵本やコンテンツ

このパートで紹介する内容は以下の通り。

1つずつ詳しく解説していきますね。

収録コンテンツ数と特徴

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)には日本の昔話と世界の童話が60冊収録。

そして、その他(おたのしみ・おべんきょう)コンテンツが32種類収録されています。

スクロールできます
商品名総コンテンツ数おはなし(絵本)おべんきょう
おたのしみ
星座のお話
対応言語特徴
dreamswitchー日本と世界のお話
ドリームスイッチ
(日本と世界のお話版)
92種類60冊
(30×日本語/英語)
32種類日本語/英語日本の昔話と世界の童話が
収録

英語絵本の
読み聞かせができる
ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)コンテンツ数と特徴

収録コンテンツ一覧

では実際にどんな絵本やコンテンツが収録されているのか見てみましょう。

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)の収録コンテンツをまとめました。

収録コンテンツ一覧(タップで開きます)
  1. 赤ずきん
  2. イソップ絵本館
  3. イソップどうわいっすんぼうし
  4. うらしまたろう
  5. おやゆびひめ
  6. かぐやひめ
  7. かさじぞう
  8. かちかちやま
  9. かもとりごんべい
  10. こうのとりになった王さま
  11. さるかにがっせん
  12. したきりすずめ
  13. しらゆきひめ
  14. シンデレラ
  15. 注文のおおい料理店
  16. にじいろのさかな(年少版)
  17. にじいろのさかなとおおくじら(年少版)
  18. にじいろさかなしましまをたすける!(年少版)
  19. にんぎょひめ
  20. はなさかじいさん
  21. ピノキオ
  22. ふしぎの国のアリス
  23. へっこきよめさま
  24. ヘンゼルとグレーテル
  25. ほらふき男爵の冒険
  26. マッチうりの少女
  27. みにくいあひるの子
  28. ももたろう
  29. わらしべちょうじゃ

英語絵本の読み聞かせについて

『収録コンテンツ数と特徴』のパートでも少し触れましたがドリームスイッチ(日本と世界のお話版)に収録されている絵本は英語で読みきかせすることができます。

ですが、1点だけ注意点があります。

それは英語絵本では字幕が出ないという点です。

また、絵本だけでなく一部のコンテンツ(ことば)は英語に切り替えることができます。

”ことば”コンテンツとは…。

”ことば”コンテンツは単語や数字など日常であたりまえにつかう言葉を学習できるコンテンツ。

例えば「いちにちのせいかつ」であれば朝起きてからの”おはよう”から”おやすみ”までのあいさつ。

また、「どうぶつのなまえ」であれば”ライオン”や”しまうま”「やさいのなまえ」であれば”たまねぎ”や”にんじん”のようにそれぞれのテーマに合ったことばを学ぶことができます。

>>”ことば”コンテンツをさらに詳しく見てみる。

英語絵本の読み聞かせに加えて、日常で使う単語の学習もできるので英語の基礎学習もすることができます。

りゅうさん

英語の絵本はまだ難しい。
日常でつかう簡単な単語学習ができればOK。
っていう場合はことばコンテンツから始めよう!

収録コンテンツについて解説したところで次は本体のスペックや機能について解説していきます。

本体のスペック(機能)

このパートでは以下のことを解説していきます。

1つずつ解説していきますね。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)で使える機能は?

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)に搭載されている機能は次のとおり。

商品名dreamswitchー日本と世界のお話
ドリームスイッチ
(日本と世界のお話
オートオフ機能絵本終了後30秒、無操作3分で電源OFF
早送り/早戻し10秒ずつ可
ピント調整あり
レンズカバーあり
音量調整16段階
画面の明るさ調整4段階 
角度調整無段階(自由に調整できる)
字幕
ON/OFF
コンテンツ選択時
音声
ON/OFF
コンテンツ選択時
ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)機能一覧

機能を1つずつ解説

では、実際にどんな機能なのか1つずつ詳しく解説していきます(画像はディズニー版のものを使用しています)

※リンクをタップすることで読みたい内容まで飛ぶことができます。

オートオフ機能

絵本が終了後または無操作で電源が自動的にOFFする機能

寝かしつけをしていると、つい先に寝落ちしてしまうといったことがあると思います。

そういった場合、ママ、パパが見ていない間に子どもがレンズを直接のぞきこんでしまうといった心配があります。

ドリームスイッチ オートオフ機能
レンズから出ている光は強いから直接見るのは心配

しかし、絵本終了後30秒後、または無操作で3分間たつと自動で電源がOFFするので、ママやパパが見守っていない間でも、レンズから目を離しても安心です。

また、無駄に電気代かかってしまうことも防ぐことができます。

早送り/早戻し

コンテンツ再生中に10秒ずつ飛ばしたり、戻したりできる機能

絵本を読んでいると子どもから「ここ怖いから見たくない…」「さっきのもう一回みたい!」こういったことを言われることってありますよね。

早送り/早戻しを使えば紙の絵本でページをめくるように好きなシーンに行ったり来たりすることができます。

使い方はコンテンツの再生中にリモコンの左右のボタンを押すことで「早送り/早戻し」ができます。

ドリームスイッチ リモコン
◀▶ボタンで早送り/早戻しができます

ちなみに、真ん中のボタンを押すことでコンテンツを一時停止することもできます。

ピント調整

天井に投影する映像を調整してピントを合わせる機能

各家庭で天井の高さやドリームスイッチを置く場所が違ってもピント調整機能があるのでピンボケすることがありません。

使い方は本体のレンズにピント調整リングがあるのでクルクル回すだけ。

ドリームスイッチ ピント調整リング
ピント調整リングをクルクル回すだけで簡単に調整できます。

もし天井に映っている映像が見にくいと感じたらピント調整をして合わせましょう。

レンズカバー

レンズにほこりがつくのを防いだり子どもがレンズを直接見てしまうのを防ぐ機能

レンズカバーはレンズの横からスライドして出して使います

ドリームスイッチ レンズカバー
レンズカバーでレンズ全体を覆うことができます。

カバーをすることで子どもが誤って自分で電源を入れてしまったときでもレンズを直接のぞきこむ心配がありません。

また、レンズにほこりがついてしまって映像が見にくい、といったことを防ぐことができます。

音量調整

音量を16段階で調整できる機能

ドリームスイッチを置く場所によって距離が遠くて音が聞こえずらかったり、もう少しで子どもが寝そうだから音のボリュームを下げたいときに音量調整することができます。

使い方はコンテンツ再生中にリモコンの上下のボタンで調整することができます。

ちなみに、ドリームスイッチ2では設定画面でも変更することができます(ほとんど使うことはないと思いますが…。)

画面の明るさ調整

画面の明るさを4段階で調整する機能

投影する天井によっては画面が見ずらかったり、お子さんによっては映像がまぶしかったりしたときに画面の明るさを調整することができます。

使い方はメインメニューの設定画面から調整することができます。

ドリームスイッチは画面の明るさを4段階で調整できます。

角度調整

映像を投影したい場所に向けて上下左右自由に角度を調整できる機能

ドリームスイッチの台座はドーナツ型になっているため投影する向きを自由に調整することができます。

ドリームスイッチ台座
ドーナツ型の台座だから
ドリームスイッチ 角度が自由に変えれます2
自由に角度が変えられます

そのため正面からだけでなくベッドや布団の横など置き場を選ばずに置くことができます

字幕ON/OFF

コンテンツ再生中の字幕をON/OFFできる機能

絵本の読み聞かせをしていて「字幕が邪魔で見ずらい」または「セリフが聞き取りずらい」

こういったときに字幕のON/OFFをすることができます。

使い方は絵本を選んで決定するときに字幕を「あり」にするか「なし」にするかを選択します。

音声ON/OFF

コンテンツ再生中の音声をON/OFFできる機能

絵本の読み聞かせをママ、パパの代わりにしてくれるドリームスイッチですがママ、パパが読んであげることもできます。

子どもから「今日はママに読んでほしい…。」そう言われたときには音声をOFF、字幕をONにすることで絵本を読んであげることができます。

使い方は絵本を選んで決定するときに音声を「あり」にするか「なし」にするかを選択します。

上位機種ドリームスイッチ2と9つの機能

ドリームスイッチシリーズには機能が強化されたドリームスイッチ2という上位機種が存在します。

ドリームスイッチ2は本製品の機能に加え9つの特別な機能が搭載され、寝かしつけをするうえでさらに使いやすく改良されています。

本製品でも機能としてはかなり充実していますが、子どもの寝かしつけをできるだけ楽にしたいのであれば上位機種であるドリームスイッチ2を選ぶというのも選択肢の1つです。

▼ドリームスイッチ全6機種の違いについてまとめています。

>>本製品とドリームスイッチ2の比較を見てみる。

ドリームスイッチ専用ソフトとの相性は?

ドリームスイッチには追加で購入できる専用ソフトが販売されています。

▼ドリームスイッチ専用ソフトは下記の6種類。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)と専用ソフトの相性

ドリームスイッチ専用ソフトを購入することで本体に収録している作品と別の作品を楽しむことができます。

しかし、選ぶ専用ソフトによっては注意が必要です。

なぜなら、選ぶ専用ソフトによってはコンテンツが重複してしまい「せっかく買ったのに絵本の内容が被っている…。」なんてことがおきてしまうからです。

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)と専用ソフトの相性は次のとおり。

商品名相性(おすすめ度)
ディズニー1
ディズニー2
きかんしゃトーマス
おさるのジョージ
ピクサーキャラクターズ
ディズニープリンセス & アナと雪の女王
ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)と専用ソフトの相性

実際にどんな作品が重複しているかについては下記の記事で詳しく解説していますので気になる方はそちらも読んでみてください。

ちなみに本体に付属しているSDカードの販売はない

「専用ソフトではなく本体に付属しているSDカードが欲しい…。」

残念ながら本体付属のSDカードの別売りでの販売はありません

しかも、日本の昔話と世界の童話に限っては専用ソフトのラインナップの中にも無いので、昔話や童話の読み聞かせがしたいのであれば本記事で紹介している「日本と世界のお話版」もしくは改良版である「日本と世界のお話50」をはじめから購入する必要があります。

どうしても他の本体の絵本が見たいというのであれば、メルカリなど一部フリマアプリなどで出品されているのでそちらをチェックしてみましょう。

ただし、割高なパターンが多いので基本的には専用ソフトで絵本を追加していく方がコスパはいいでしょう。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)を選ぶメリット・デメリット

ドリームスイッチ全6機種と比較してドリームスイッチ(日本と世界のお話版)を選ぶメリット・デメリットを解説します。

▼ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)を選ぶメリット・デメリットは次のとおり。

メリット
デメリット
  • 価格が安い
  • 絵本の日本語/英語の切り替えができる
  • 基本機能のみ搭載

もう少し詳しく解説していきますね。

デメリット1選

DEMERIT

基本機能のみ搭載

「基本機能のみ搭載だとデメリットなの?」

このように思うかもしれませんが上位機種であるドリームスイッチには本製品に搭載されている基本機能に加え9つの特別な機能が搭載されています。

全6機種と比較した場合どうしてもドリームスイッチ2が”使いやすさ”や”機能性”で頭1つ抜けているためデメリットとしました。

とはいえ、基本機能だけでも類似商品である『おやすみホームシアター』や『kipkipおやすみプロジェクター』などと比べてもかなり充実しています。

ですので、ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)を選んでも大きく失敗することはないでしょう。

▼基本機能について詳しく解説しています。

>>今すぐドリームスイッチの基本機能9つを見る。

▼ドリームスイッチ2の特別な機能も解説しています。

>>ドリームスイッチ2だけの特別な機能9つを見る。

メリット2選

merit

価格が安い

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)は¥16,800と他の機種と比べて安く設定されています。

しかも、店舗(Amazon)によっては12,000円前後で購入できることも。

上位機種であるドリームスイッチ2が¥22,000であることを考えるとかなりリーズナブルに購入することができるので、できるだけ予算を抑えたいという場合は本製品を選ぶのはメリットとなります。

絵本の日本語/英語の切り替えができる

ドリームスイッチシリーズ全6機種の中で機種によっては日本語の読み聞かせにしか対応していません。

▼絵本の英語切り替えに対応している機種一覧です。

対応している
対応していない
  • ドリームスイッチ2
  • おさるのジョージ
  • 日本と世界のお話50
  • 日本と世界のお話版
  • 50ストーリーズ
  • ディズニー版

英語の読み聞かせに対応していない機種があるという点ではメリットと言えるでしょう。

りゅうさん

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)を選ぶなら他の機種と比較した場合のメリット・デメリットを考慮して選ぼう!

【まとめ】予算を抑えたいなら動く絵本プロジェクタードリームスイッチを選ぼう!

最後に本記事の内容を簡単におさらいしていきましょう。

ドリームスイッチ(日本と世界のお話版)のまとめは次のとおり。

  • 日本の昔話と世界の童話が収録。
  • 絵本は60冊収録(日本語/英語合わせて)
  • 総コンテンツ数は92種類。
  • 絵本は英語の読み聞かせに対応。
  • 本体機能は基本機能のみ
  • 多機能な上位機種ドリームスイッチ2がある。
  • 価格が安いので予算を抑えたいのであればオススメ。

日本の昔話と世界の童話の読み聞かせをお子さんにしてあげたいのであれば本製品または改良版である「日本と世界のお話50」を選ぶしかありません。

「昔話と童話を読み聞かせしたいしディズニー絵本も読み聞かせしたい」

こういった場合は本製品または「日本と世界のお話50」を選び追加でドリームスイッチ専用ソフトを購入するのがよいでしょう。

この記事が参考になるとうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

ドリームスイッチ日本と世界のお話 アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで飛べる目次