\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

絵本読み聞かせの7つの効果とは?その効果を活かすための大切な7つのポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、りゅうさん( @otakasanchiblog)です。

あなたは今、お子さんを寝かしつけるために何冊もの絵本を読んでいませんか?それとも、仕事や家事で疲れてしまい、子どもに絵本を読むエネルギーが残っていない日もありますよね。その気持ち、私たちもよくわかります。私たちも一時期、絵本を読むことが日課になっていましたが、毎日の疲れや時間の制約で、絵本を読むことが負担に感じることもありました。しかし、絵本の読み聞かせは、子どもの成長にとって非常に重要な役割を果たします。それは子どもの感情の成長を刺激し、想像力を育み、言葉の表現を豊かにし、集中力を高め、学習能力を身につけさせ、コミュニケーションを上手にし、そして何よりも親子の絆を深めます。この記事では、絵本の読み聞かせが子どもにどのような効果をもたらすのか、そしてその効果を最大限に引き出すための方法をご紹介します。絵本の読み聞かせが苦手なママやパパでも、これらのヒントを活用することで、子どもとの読み聞かせの時間をより楽しく、効果的にすることができます。

タップで飛べる目次

絵本の読み聞かせの効果とは?7つのメリット

絵本の読み聞かせは、子供たちにとってただ物語を楽しむだけでなく、様々なメリットがある活動です。それでは、具体的にどのような効果があるのでしょうか?以下に7つの主要なメリットを紹介します。

感情が刺激され心が成長する

絵本の物語は、子供たちの感情を刺激し、心の成長を促します。物語の中のキャラクターが経験する喜び、悲しみ、驚き、怒りなどの感情を共有することで、子供たちは自分の感情を理解し、表現する力を育てます。これは、子供たちが社会的なスキルを磨く上で非常に重要なステップです。

想像力と創造力が育つ

絵本の読み聞かせは、子供たちの想像力と創造力を育てます。物語の中の世界を想像し、キャラクターの経験を自分のものとして想像することで、子供たちは自分だけの物語を創り出す力を養います。これは、将来的に問題解決能力や創造的な思考を促進するための基礎となります。

言葉の表現が豊かになる

絵本の読み聞かせは、子供たちの言葉の表現力を豊かにします。物語を通じて新しい単語や表現を学び、それらを自分の言葉で説明することで、子供たちは自分の思考や感情を言葉で表現する力を育てます。

集中力が高くなる

絵本の読み聞かせは、子供たちの集中力を高めます。物語に引き込まれ、絵本のページをめくることで、子供たちは自然と集中力を養います。これは、学校の授業や他の活動においても役立つスキルです。

学習能力が身につく

絵本の読み聞かせは、子供たちの学習能力を向上させます。物語の中で新しい情報を学び、それを理解し、記憶することで、子供たちは学習の基本的なプロセスを身につけます。これは、将来的に学校での学習や新しいスキルの習得に役立ちます。

コミュニケーションが上手になる

絵本の読み聞かせは、子供たちのコミュニケーションスキルを向上させます。物語の中のキャラクターとの共感や、物語についての質問や会話を通じて、子供たちは他人とのコミュニケーションの重要性を学びます。これは、友人や家族、教師との関係を築く上で重要なスキルです。

親子の絆が深まる

最後に、そして最も重要なことは、絵本の読み聞かせは親子の絆を深めます。共に物語を楽しむ時間は、親子の間の信頼と理解を深め、愛情を育てます。これは、子供たちが安心感と自己価値を感じ、自信を持つための基盤となります。

絵本の読み聞かせはいつから始めるのがいい?

絵本の読み聞かせを始める最適なタイミングについては、多くの親が疑問に思うかもしれません。しかし、その答えは実はとてもシンプルです。

はじめるタイミングは何歳からでもいい

絵本の読み聞かせは、子供が何歳であろうと始めることができます。新生児でさえも、親の声を聞くことで安心感を得ることができます。また、読み聞かせを早くから始めることで、子供は自然と言葉に親しむ習慣を身につけ、言葉の理解力や表現力を育てることができます。そのため、子供がまだ全ての言葉を理解できないとしても、読み聞かせを始めることは有益です。

0歳児は声だけの読み聞かせでもOK

0歳児に対する読み聞かせは、特に声のトーンやリズムに焦点を当てると良いでしょう。赤ちゃんはまだ言葉の意味を理解することはできませんが、親の声の音色やリズムに反応します。そのため、絵本の内容を完全に理解することは必要ありません。親の声を聞くこと自体が、赤ちゃんにとっては心地よい刺激となり、親子の絆を深める機会となります。また、この時期から読み聞かせを始めることで、子供は読書という行為に自然と親しみ、将来的に自分で読む楽しみを見つける基盤を作ることができます。

絵本の読み聞かせで大切な7つのポイント

絵本の読み聞かせをより効果的に行うためには、いくつかのポイントを心に留めておくと良いでしょう。以下に、絵本の読み聞かせで特に重要な7つのポイントを紹介します。

子どもと一緒に絵本を楽しむ

まず最初に、絵本の読み聞かせは、子どもと一緒に楽しむ時間であるということを忘れないでください。物語の世界に一緒に浸かり、キャラクターや出来事について話し合うことで、読み聞かせはただの読書時間から、親子のコミュニケーションの時間へと変わります。

子どもが聞き取りやすいペースで読む

子どもがストーリーを理解し、楽しむためには、読むペースが非常に重要です。早すぎると、子どもは話の内容を追いつくことができません。逆に、遅すぎると、子どもは飽きてしまうかもしれません。子どもの反応を見ながら、適切なペースを見つけることが大切です。

適度な抑揚や聞き取りやすい落ち着いた声を意識する

声のトーンや抑揚も、読み聞かせの効果を大きく左右します。物語の感情を反映した声のトーンや抑揚は、子どもが物語に深く没頭するのを助けます。また、落ち着いた声は、子どもがリラックスし、話に集中するのを助けます。

子どもが見えやすい位置や角度で読む

絵本の読み聞かせでは、絵もまた重要な役割を果たします。子どもが絵を見やすい位置や角度で読むことで、物語の理解を深め、想像力を刺激します。

時には子どもがどんな顔をしているのかを見る

読み聞かせ中に、時折子どもの顔を見ることも大切です。子どもの表情や反応から、物語がどのように受け入れられているか、また、子どもがどの部分に興味を持っているかを読み取ることができます。これは、読み聞かせをよりパーソナライズし、子どもの興味や理解度に合わせて調整するのに役立ちます。

途中で質問されても読み聞かせを中断しない

子どもからの質問は、物語に興味を持っている証拠です。そのため、途中で質問されても、読み聞かせを中断しないようにしましょう。むしろ、質問を歓迎し、それを物語を深く理解する機会と捉えることが大切です。

絵本の内容は読み聞かせの前にチェックする

最後に、読み聞かせる前に絵本の内容をチェックすることも重要です。これにより、物語の流れを理解し、子どもが可能性として質問するかもしれない部分に備えることができます。また、絵本の内容を事前に知っていることで、読み聞かせ中に自然な抑揚や表現を加えることができます。

絵本の読み聞かせで気をつけるべき3つのポイント

絵本の読み聞かせは、子どもの成長と学習にとって非常に有益な活動ですが、その効果を最大限に引き出すためには、いくつかの注意点を心に留めておくことが重要です。以下に、絵本の読み聞かせで特に気をつけるべき3つのポイントを紹介します。

絵本の感想は聞かないようにする

絵本の読み聞かせの後で子どもに感想を求めるのは、一見良いアイデアのように思えますが、実はこれは避けるべきです。なぜなら、感想を求めることは、子どもにとってプレッシャーを感じる可能性があり、読み聞かせを楽しむことを妨げるからです。代わりに、子どもが自然に感想を話すのを待つか、物語についての開放的な質問をすることをおすすめします。

アドリブは入れないようにする

物語を楽しくするためにアドリブを加えるのは誘惑的かもしれませんが、これも避けるべきです。アドリブは物語の流れを乱し、子どもが物語を理解するのを難しくする可能性があります。また、絵本の作者が意図したメッセージや教訓を曖昧にする可能性もあります。

読み聞かせの途中でママ、パパが絵の説明や質問をしないようにする

最後に、読み聞かせの途中で絵の説明や質問をするのも避けるべきです。これは物語の流れを中断し、子どもの集中力を削ぐ可能性があります。子どもが自分で絵を解釈し、物語を理解するのを助けるためには、読み聞かせが終わるまで待つことが最善です。その後、子どもが絵について質問したり、絵について話したりするのを助けることができます。

子どもにあった絵本の選ぶ5つのポイント

絵本の読み聞かせを成功させるためには、子どもに適した絵本を選ぶことが重要です。しかし、何千もの絵本がある中から選ぶのはなかなか難しいものです。以下に、子どもに合った絵本を選ぶための5つのポイントを紹介します。

新作や有名絵本にこだわらない

新作の絵本や有名な絵本を選ぶのは誘惑的ですが、必ずしもそれが最善の選択とは限りません。子どもが興味を持つテーマや、子どもの年齢や発達段階に合った絵本を選ぶことが最も重要です。また、古典的な絵本やあまり知られていない絵本も、子どもにとっては新鮮で面白いものかもしれません。

時にはドキドキする絵本も選ぶ

絵本は子どもに安全な環境で新しい経験を提供する素晴らしいツールです。そのため、時にはちょっとドキドキするような絵本を選ぶのも良いでしょう。例えば、冒険やミステリーの要素が含まれた絵本は、子どもの想像力を刺激し、新しい視点を提供します。

年齢に合った絵本を選ぶ

子どもの年齢や発達段階に合った絵本を選ぶことも重要です。年齢に応じて、絵本の内容や言葉の難易度、絵の複雑さなどを考慮することが必要です。例えば、幼児にはシンプルなストーリーと大きな明るい絵が特徴の絵本が適しています。

季節に合わせて絵本を選ぶ

季節に合わせて絵本を選ぶのも、子どもの興味を引く良い方法です。例えば、クリスマスやハロウィンなどの特別な時期には、その季節に関連した絵本を選ぶと、子どもはその時期の雰囲気をより深く理解することができます。

子どもと一緒に選ぶ

最後に、子どもと一緒に絵本を選ぶことも大切です。これにより、子どもの興味や好みを直接理解することができます。また、子どもが自分で絵本を選ぶことで、読書への興味やモチベーションを高めることができます。子どもが選んだ絵本を一緒に読むことは、親子の絆を深める素晴らしい機会でもあります。

絵本の読み聞かせが苦手なママ、パパはどうすればいいの?

絵本の読み聞かせは、子どもの成長と発達にとって非常に有益な活動ですが、すべての親が自信を持って行えるわけではありません。もし、あなたが絵本の読み聞かせが苦手だと感じているなら、以下のアドバイスが役立つかもしれません。

無理して絵本を読まなくてもいい

まず最初に、無理して絵本を読む必要はありません。

親自身がストレスを感じてしまうと、それが子どもにも伝わってしまいます。読み聞かせは楽しい時間であるべきです。

もし、あなたが疲れているときや、他のことで頭がいっぱいのときは、無理に読むのではなく、別の活動を選んでも大丈夫です。

できる範囲で読み聞かせをしてあげよう

次に、できる範囲で読み聞かせをしてあげることが大切です。毎日長時間読む必要はありません。5分でも10分でも、一緒に過ごす時間が大切です。また、一度にたくさんの絵本を読む必要もありません。一冊だけでも、その絵本を深く楽しむことができます。

絵本アプリや絵本プロジェクターを活用する

最後に、絵本アプリや絵本プロジェクターのようなツールを活用することも一つの方法です。これらのツールは、親が直接読む代わりに、子どもに絵本の物語を楽しませてくれます。例えば、私の推奨する商品「動く絵本プロジェクタードリームスイッチ」は、絵本の物語を壁に投影し、音声で読み上げてくれます。これにより、親は子どもと一緒に物語を楽しみながら、読み聞かせの負担を軽減することができます。

まとめ

絵本の読み聞かせは、子どもの成長と発達にとって非常に有益な活動です。それは子どもの感情の成長を刺激し、想像力と創造力を育み、言葉の表現を豊かにし、集中力を高め、学習能力を身につけさせ、コミュニケーションを上手にし、親子の絆を深める効果があります。

しかし、絵本の読み聞かせには正しい方法があります。子どもと一緒に絵本を楽しむこと、子どもが聞き取りやすいペースで読むこと、適度な抑揚や聞き取りやすい落ち着いた声を意識すること、子どもが見えやすい位置や角度で読むこと、時には子どもがどんな顔をしているのかを見ること、途中で質問されても読み聞かせを中断しないこと、絵本の内容は読み聞かせの前にチェックすることなどが大切です。

また、絵本の選び方にも工夫が必要です。新作や有名絵本にこだわらず、時にはドキドキする絵本も選び、年齢に合った絵本を選び、季節に合わせて絵本を選び、子どもと一緒に選ぶことが重要です。

絵本の読み聞かせが苦手なママやパパでも、無理せず、できる範囲で読み聞かせを行い、絵本アプリや絵本プロジェクターを活用することで、子どもに絵本の楽しさを伝えることができます。

最後に、私の推奨する商品「動く絵本プロジェクタードリームスイッチ」は、絵本の読み聞かせをサポートする素晴らしいツールです。これを活用することで、親子の読み聞かせの時間をより楽しく、効果的にすることができます。

絵本の読み聞かせは、親子の大切な時間です。この記事が、その時間をより有意義にするための参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで飛べる目次